WordPressの404エラー 簡単対応

存在しないページへアクセスしてきた場合は、他のページにリダイレクト(転送)して表示する。
例えばトップページや記事一覧ページにリダイレクトすればURLが間違って入力されても、再度意図したページに到達してもらえる可能性が高い。

 

使用しているテーマのフォルダ配下に、以下のように編集した404.phpファイルを置く。

<?php
header("location: http://sample-url.com/");
exit;
?>
 

※http://sample-url.com/ の部分をリダイレクトしたいページのURLに書き換える。